重六低音 おもろくべーす

重六低音 おもろくべーす

音楽生活をもっと"おもろく"!ラウド系6弦ベーシストSUMI-chang(すみちゃん)が、誠実にヘビーメタリックに綴ります。

14歳の音楽と17歳の音楽 32歳の僕が思うこと

メタル・ラウド系6弦ベーシスト

轟音ファクトリーのSUMI-chang(すみちゃん)です。

  • 14歳の頃によく聴いた音楽が人生で一番心に残る
  • 17歳の頃聴いていた音楽を一生聴き続ける

数年前にツイッターで話題になったワードです。今回は音楽ルーツについて。

はじめに

f:id:sumichang6bass:20170920213724j:plain

音楽好きでコミュニティができると、リアルでもネットでも自然と「音楽ルーツ」の話題になることが多い。何を聴いて育ったかとか、お気に入りのアルバムは何だとか…。「初めて買ったCD」なんて、もうOVER30世代だけのワードかもしれないけど、おっさん達は確実に盛り上がる鉄板ネタ。

ブログを書き始めてから自身の音楽ルーツについて考えることが多くて、そう言えば「14歳」「17歳」というキーワードが流行ったなぁと思い出しました。今回はそのキーワードをネタに記事を書いてみます。

 

14歳の頃によく聴いた音楽が人生で一番心に残る

元ネタは海外ドラマ「クリミナル・マインド」のセリフらしいですが、14歳っていうのが妙に説得力ありますよね。「中二病」と言われるくらい、何かに影響されやすい多感な時期なのは間違いないです。方向性を間違うと黒歴史を作りかねない危険な年頃、音楽の及ぼす力は想像以上に大きかったのかもしれません。

僕が14歳だった頃(1999年)のヒットチャートを見てみると、ああ確かによく覚えている。


1999年~2001年 J POP メドレー

特に好きで聴いていたわけでないアーティストの曲も、何となく空で歌えてしまう。恐るべし14歳の吸収力

この頃はB'zが大好きでした。「14歳の頃に〜」理論でいくとB'zが僕のルーツになるんでしょうか。カラオケに行ったらよく歌いますがどうなんでしょう。

 

17歳の頃聴いていた音楽を一生聴き続ける

こちらはアスキー総研の方がインタビューで語ったことで話題になったらしい。科学的根拠・ソースは不明。

www.mugendai-web.jp

でも何だろう。具体的に◯歳って言われるとそれっぽく聞こえる不思議。

17歳っていうと、高校2年生。この頃になると音楽の好き嫌いがある程度固まってくるので、その後聴くであろう音楽の方向性が決まってくるってことなんですかね。

f:id:sumichang6bass:20170920214000j:plain

ちなみにメタルにハマりだしたのは17歳。ベースを弾き始めたのも17歳。

17歳理論やるな。一生メタルでベースだったら本望だよ。

 

33歳理論もあった

人は33歳までに音楽的嗜好が固まり、新しい音楽への出会いを止める傾向がある

 

amass.jp

ヤバい、もう目前じゃん。

確かに最近、新しいアーティストの曲を貪り聴くようなことはなくなった。10代の頃のハングリーさはなく、知ってる曲・馴染みのあるアーティストの方が心地いいと感じる。

語学も30代からではキツイっていいますし、いろいろ考えさせられますね。

 

おわりに

みなさんの14歳・17歳はどんな音楽に囲まれていましたか?

あくまで目安ですが、自分の音楽ルーツを紐解くにはなかなか的を得た年齢だと感じました。

そして、不覚にも33歳の壁を知ることになってしまった今回。音楽に限らず、新しいモノに対して心が保守的・排他的になっていくのは少し寂しい気もします。

 

それでも、まだまだ音楽はやめられない…!

 

heavy6bass.hateblo.jp

 

heavy6bass.hateblo.jp

おすすめベース教則本10冊+α レビュー 初心者から上級者まで

メタル・ラウド系6弦ベーシスト
轟音ファクトリーのSUMI-chang(すみちゃん)です。

今回は「ベース教則本」について。買っただけでちょっと上手くなった気でいる教則本貧乏ベーシストの僕が、様々な用途・目的別の10冊まとめてレビューします!

f:id:sumichang6bass:20170919214358j:plain

教則本購入癖のあるSUMI-chang 誰か止めて(切実)

 

 

はじめに

ギターやベースを初めて手にとったあの頃。右も左も分からない初心者にとって教則本はありがたい存在でした。最近はYouTube動画やインターネットの情報が充実しており、教則本・スコアを買う機会が減ったと感じています。

しかし「本」の良さはまだまだ健在。見やすさ、手軽さを考えると書籍のメリットは十分あります。楽器初心者だけでなく、中級者・上級者にもスキルアップのヒントが盛りだくさん。ついつい何冊も買ってしまうベース教則本をレビューします。

  • レベル:初心者、中級者、上級者
  • 情報量:★5段階

で評価しています。

※中にはかなり古い教則本もあるので、Amazonでも中古品のみの取り扱いの場合があります。

 

初めての一冊に「聴いて確認エレクトリック・ベース」

聴いて確認 エレクトリックベース With CD

聴いて確認 エレクトリックベース With CD

 
  • レベル:初心者〜中級者

  • 情報量:★★★★

初めて手に取った教則本がこれ。売り払ってしまった教則本もある中、未だに手元に残っています。楽器の扱い方、基本的なフォーム、コード理論、フレーズ練習、スラップなど、教則本の基礎的な内容を網羅しています。

この教則本のいいところは、音源がかっこいい!これにつきます。

著書の前田久史さんの言葉を借りれば「なんちゃって」が大切らしい。なんちゃってジャズ、なんちゃってファンク…それっぽい練習フレーズが盛りだくさんです。これからベースを始める初心者はもちろん、少しベースに慣れてきた方にも学ぶことが多い一冊になっています。

15年以上たった今も、たまに引っ張り出して読んでいる愛読書です。もう書店では手に入らないと思いますが、見かけたらちょっと覗いてみてください。

 

リズム感・グルーヴ強化に「最強のグルーヴ・ベース練習帳」

  • レベル:中級者〜上級者
  • 情報量:★★★★

こちらもかなり古い教則本ですが、「グルーヴとは何なのか?」に的を絞った一冊。リズム感・ノリ強化にどうぞ。ぼんやりと「曲のノリ」みたいに捉えられがちなグルーヴを、真面目に・科学的に分析した「グルーヴの正体!」の章は、上級者の方にも読み応えがあります。

練習フレーズすべてに「グルーヴ」の解説が付いており、読み物としても退屈しません。

 

ベースラインのネタづくりに「究極の歌うベースラインネタ帳」

  • レベル:中級者〜上級者
  • 情報量:★★★

同じシリーズで「究極の歌うベースラインネタ帳」もあります。ここ数年、ベースラインを強調した楽曲が増えてきた印象。よく動く・うねるベースライン好きの方は、弾いていて気持ちいいフレーズ満載で楽しめると思います。

 

テクニカルなベーシストに「地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ」

  • レベル:上級者~超上級者(速弾き的な意味で)
  • 情報量:★★★★★

有名な「地獄の~」シリーズ。タイトルに偽りなく、テクニカルでストイックな練習フレーズがぎっしり。正直買ったはいいけど消化不良で胃もたれ気味です…。

著者のMASAKI氏のカラーが全面に出たフレーズ・音源になっています。ビリー・シーン的な音作り・速弾きを好まれる方はばっちりです。個人的にはちょっと苦手なタイプのベーシストさんでしたが(十分に偉大な方です)、フレーズ作りのネタとしては勉強になるところが多かったですね。

ベーシストとしてはかなり極端な方向性ですので、こういった音楽性に全く縁のない方は、スルーしても問題ないでしょう。

 

クラシカルなフレーズを奏でたい方に「ベーシストを鍛える"本物"のクラシック練習曲」

ベーシストを鍛える“本物

ベーシストを鍛える“本物"のクラシック練習曲 (CD付き) (ベース・マガジン)

 
  • レベル:中級者~上級者
  • 情報量:★★★

ここ数年のヒットがこれ。有名クラシック曲をソロベースで、という方向性が6弦ベースを手にした自分にはすごく合っていた。

練習のモチベーションって「知っている曲かどうか」に左右されることが多く、その点この教則本はモチベーションを維持しやすいです。無味無臭な練習フレーズではなく、馴染みのあるクラシック曲で自然と運指を学べるのは嬉しい。

後半の選曲がちょっとマイナーだったので情報量は★★★としました。

 

ちなみに地獄シリーズからもクラシックをテーマにした教則本が出ています。かなりどぎついMASAKI流クラシックになっていますので、好みに合わせてどうぞ。 

 「地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ 破壊と再生のクラシック名曲編」

  • レベル:上級者
  • 情報量:★★★

 

スラップの決定版「スラップ・スタイル」

  • レベル:初心者~上級者
  • 情報量:★★★★★

サムの叩き方からロータリースラップまで。とにかくスラップにこだわった1冊。これ1冊あれば他にスラップ系の教則本はいりません。それくらい情報量が多い!音源もCD2枚組の大ボリュームです。

特に「人気ベーシスト別スラップ・スタイル」が読み応えあり、それっぽいフレーズが弾けるようになります。レス・クレイプール風のスラップを何度も練習しました。あの雰囲気は未だに出ませんが。

 

多弦ベースプレイヤーに「5弦ベース完全メソッド」 

絶対使いこなす!  5弦ベース完全メソッド (CD付き) (ベース・マガジン)
 
  • レベル:中級者~上級者
  • 情報量:★★★

多弦ベースプレイヤーに向けた1冊。主にLowBを絡めたスケール練習・フレーズが掲載されています。今でこそ5弦ベースプレイヤーは珍しくなくなりましたが、情報が枯渇していた頃にこういった教則本が出たのはありがたかった。

スケール練習など、内容的にはストイックです。発行部数が少なかったのかAmazonではプレミア化してますね。古本屋で見かけたら是非チェックしてみてください。

 

ひたすらストイックなあなたに「一生使えるベース基礎トレ本」

  • レベル:上級者
  • 情報量:★★★★★

所有している教則本の中で最もストイックな1冊

1番の特徴はTAB譜が掲載されていないこと。五線譜のみの表記になっています。

軽音楽の世界って、何となくTAB譜から入って、何となくそのままきたっていう人が多いと思うんですが、五線譜慣れしていない人からすると文字通り「手も足も出ない教則本」です。逆に一から譜面・理論を勉強したい方にはもってこいの教則本です。

掲載されている練習フレーズも心が折れそうな淡泊さ。練習大好きなドMベーシストにおすすめします。はまる人は本当に一生使えるはず。

 

メタル・ラウド系ベーシストに「BASS LOUD!」

BASS LOUD![CD付]

BASS LOUD![CD付]

 
  • レベル:初心者~上級者
  • 情報量:★★★

教則本とはちょっと趣が異なりますが、ヤングギターの別冊ムックです。名盤カタログやメタル有名曲のスコアなど、メタル・ラウド系ベーシストが喜びそうなコンテンツがいっぱい。意外にも初心者向けのハウツーも載っており、気軽に手に取れる本になっています。

 

番外編:「ベース・メンテナンスブック」

  • レベル:初心者~上級者
  • 情報量:★★★★★

大切なベースのコンディションを保つためのメンテナンスの基礎が丁寧に解説された1冊。基本的な調整から、なんとフレットの打ち直しや電装系のメンテナンスまで。素人が手を出したら再起不能になりそうな、かなり突っ込んだメンテナンスまで解説されています。

手元に1冊あると安心。10年以上売却されずにレギュラーとして居座っています。

 

おわりに

全体的に古い教則本が多かったですが、それだけ「1冊」に巡り会うと長く使える証拠です。この手の教則本は挫折する人の多さからか、結構中古で手に入りやすいと思います。気になった教則本がありましたら是非探してみてください。

ただし読んでいるだけでは当然上達しませんので、買ったら練習あるのみです!今回は教則本を買いすぎる癖のある自分への戒めとして書かせていただきました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

heavy6bass.hateblo.jp


heavy6bass.hateblo.jp

DREAM THEATER 印象的なベースイントロ特集

メタル・ラウド系6弦ベーシスト

轟音ファクトリーのSUMI-chang(すみちゃん)です。

 

heavy6bass.hateblo.jp

heavy6bass.hateblo.jp

 はじめに

今回は 「印象的なベースイントロ特集」。

ドリームシアターの数ある楽曲の中から、ベーシストが「むむ!」と反応してしまうかっこいいイントロを集めました。

f:id:sumichang6bass:20170918114030j:plain

ジョン・マイアング パワフルかつ繊細なプレイが魅力

それぞれアルバム収録音源ライブ音源の動画を掲載しています。

マイアングワールドをご堪能あれ!

"The Glass Prison" - Six Degrees Of Inner Turbulence(2002年)


Dream Theater The Glass Prison


Dream Theater - The Glass Prison (live)

豊かな低音弦の響きにのせた、繊細なアルペジオ。ギターのようにも聞こえますが、6弦ベースのHiC弦を使ったフレーズです。

「かーん」という鐘の音にあわせてハーモニクスも弾いています。

その後のヘビーなリフの嵐を盛り上げる、雰囲気たっぷりのイントロ。

 

"As I Am" - Train Of Thought(2003年)


Dream Theater - As I Am (with lyrics)


Dream Theater - As I Am - Live At Budokan (HD)

こちらもギターかと聞き間違うようなイントロ。強烈な歪み+ハーモニクスで奏でられています。ヘビーなアルバムのイントロにぴったり。

 

"Panic Attack" - Octavarium(2005年)


Dream Theater - Panic Attack + Lyrics


Dream Theater - Panic Attack (chaos in motion)

人気曲「パニックアタック」。高速でガシガシ弾きまくるマイアングらしいフレーズ。曲中何度も繰り返されるモチーフになっているので、非常に印象的です。

フレットにバチバチ当たるアタック音は、スティーブ・ハリスやゲディ・リーからの影響を強く感じます。

 

"Lifing Shadows Off A Dream" - Awake(1994年)


Dream Theater- Lifting Shadows off a Dream


Dream Theater Lifting Shadows Off a Dream Breaking The Fourth Wall DVD

ちょっと渋めのところでいくと、「アウェイク」に収録された"Lifing Shadows Off A Dream"。ハーモニクスを絡めたダークなフレーズもまた、マイアングらしいですね。

 

"Scarred" - Awake(1994年)


Dream Theater - Scarred


Dream Theater - Scarred ( Live From The Boston Opera House ) - with lyrics

同じくアウェイクから"scarred"。両手タッピングの怪しげなイントロ。左手でベース音、右手のタッピングでコード感を演出しています。音の選び方が非常に印象的で、派手さはないですが個人的に大好きなイントロです。

 

おわりに

超絶技巧バンドのドリームシアターにおいて、「目立たないながらも」とか「屋台骨を支える」という表現で評価されることの多いマイアングですが、曲の雰囲気作りを担うイントロで活躍している場面は意外と多いです。記事を書いていて、そんなマイアングがさらに好きになりました。

近々、弾いてみた動画としてDREAM THEATERベースイントロ集を作ってみようと思います。

 

heavy6bass.hateblo.jp

heavy6bass.hateblo.jp

heavy6bass.hateblo.jp

heavy6bass.hateblo.jp

 

弾いてみた動画と著作権 YouTubeとニコニコ動画の使い分け

メタル・ラウド系6弦ベーシスト

轟音ファクトリーのSUMI-chang(すみちゃん)です。

 

▼前回の記事

heavy6bass.hateblo.jp

今回は弾いてみた動画と著作権について。

いろいろ調べた結果、

アップすることにしました。どうして別々の動画サイトにアップすることになったのか、理由を説明します。

 

YouTube著作権

f:id:sumichang6bass:20170917212401j:plain

弾いてみた動画でよくあるパターンが、アーティストの原曲(CD音源)に自分の演奏を重ねてアップしてあるもの。僕もこういった形で好きなアーティストのカバーを「弾いてみた動画」としてアップしたかった。

しかし、これは法的にアウトらしい。動画投稿サイトにおける音楽利用についてJASRAC(ジャスラック)のページで確認しました。

 

▼音源利用について書かれたページ(抜粋)

f:id:sumichang6bass:20170917202859j:image

 

  • 自分で演奏したもの(これは当然オーケー)
  • 自分の演奏に合わせて歌唱したもの(バックも自分で演奏してればオーケー)

つまり、アーティストの音源を使用せず、ぜーんぶ自分で演奏してたらいいよ。ということらしい。MIDI(打ち込み)でバッキングトラックを作るのもオーケーなんだって。

 

何がアウトかというと

レコード会社等の許可を受けていないCD音源(市販のCD音源やYouTube上の音源はもちろんアウト。CD音源を切り抜いたり、音質を変えたり、音程を変えたりするのもダメ。)

 

YouTubeにアップされてる「弾いてみた動画」ほとんどアウトやん

f:id:sumichang6bass:20170917220911p:plain

確かにギターやベースは「自分で」弾いているけど、思いっきりCD音源使ってるよね?(中にはアーティストや作曲者から直接許可をもらっている動画や著作権フリー音源もあると思うので、CD音源=著作権侵害ではありません。誤解なさらないように…。)

みなさんのよく知っている「弾いてみた」動画って、アーティストの音源を許可なく使っている場合、グレーどころか完全な。訴えられたり削除されたりしてないだけで、立派な著作権侵害

一応YouTubeには著作権のある楽曲かどうかを自動検知するシステムもあるらしいですが、それをかいくぐった動画に関してはレコード会社・アーティストは黙認しているという解釈でいいのかな?あまりに数が多くて「赤信号みんなで渡れば怖くない」状態ってことですね。

みんなが渡ってるからって、やっぱり赤信号は怖いよなぁ(真面目)。わざわざ打ち込みでMIDIを作るのもめんどくさいし…ということで、YouTubeにはCD音源を使った「弾いてみた」動画はアップしない!

それでもやっぱり、天下のYouTube。どうせアップするならみんな使ってるYouTubeがいいよね。だから、ベースのみの「ソロベース動画」をYouTubeにアップしよう。それがいい。弾けるかどうかは別にして。

 

アーティストの音源を使いたい人はニコニコ動画

f:id:sumichang6bass:20170917220928j:plain

アーティストの音源をバックに弾いてみた動画をアップしたい人は「ニコニコ動画」へ。ややこしい説明は抜きにして結論から言うと、

以下のページで楽曲検索してヒットすれば、そのCD音源を使った動画をアップしてもいいらしい。

license-search.nicovideo.jp

 

さっそくカバーしたかったDREAM THEATERの"Pull Me Under"を検索してみたら、ありました。やったね。

f:id:sumichang6bass:20170917205647j:image

アーティストの音源を使った動画は、ニコニコ動画にアップすることにします。

 

おわりに

調べてみてわかった著作権のこと。中にはかなり詳細に権利について考察してあるサイトもあり、大変勉強になりました。法的な解釈については様々なご意見があると思うので、今回の記事で「間違っている!」と思われる記述がありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。 

アーティストの魂がこもった楽曲を大切にしながら、「弾いてみた」動画制作楽しもうと思います。

 

heavy6bass.hateblo.jp

 

今さらながら「弾いてみた動画」を撮りたい!いろんな作り方を比較してみた

メタル・ラウド系6弦ベーシスト

轟音ファクトリーのSUMI-chang(すみちゃん)です。

今回は「弾いてみた動画」の作り方について。手軽な方法からこだわりの方法まで、それぞれのメリット・デメリットを比較してみます。

 

 

はじめに

YouTubeニコニコ動画において、楽器・バンド好きたちの一大ジャンル「弾いてみた」。カバーされている楽曲、演奏のクオリティ、編集の技術…実に様々な動画が溢れています。

素晴らしい技量をお持ちの演奏者の方や、弾いてみた界での有名人などもおられます。中には強烈な個性の方も…(※プロのベーシストの方です)


【BANg】ティアドロップスのベース弾いてりみ【Dream!】

 

既に完成しつつあるコミュニティに今さら飛び込んでみようというのが今回の主旨。

30代バンドマンの入り込む余地はあるのか。

 

さっそく曲を練習して「弾いてみよう」と思ったものの、どうやって動画作るの?状態。一からいろいろ調べてみました。

 

「弾いてみたい人」SUMI-changのステータス

(理想)

  • できるだけお金はかけたくない
  • 曲の練習以外にあまり時間は割きたくない
  • でも動画のクオリティはある程度保ちたい

(現状)

アイテム

  • ベース
  • 小型アンプ
  • CD・MDコンポ
  • HDビデオカメラ
  • 10年以上前のMTR
  • iPhone 6
  • 低スペックのノートパソコン
  • やる気

スキル

  • パソコンの難しいことはあんまりよく分からない
  • ベースはそこそこ弾けると自分では思っている
  • 凝り性

では、比較してみましょう!

手軽さ・コスパ・クオリティをそれぞれ5段階で評価しています。

 

iPhoneでそのまま動画を撮る

  • 手軽さ:★★★★★
  • コスパ:★★★★★
  • クオリティ :★

f:id:sumichang6bass:20170916195546j:plain

 

まず思いついたのが、iPhoneの標準カメラでそのまま動画を撮っちゃう方法。

小型のベースアンプでベースを弾きつつ、コンポからカバーする曲を流します。それをそのままiPhoneのマイクで拾って、弾いてる動画も一緒に撮ってしまうわけですね。

出費ゼロで作れるやん!と思ったのですが、クオリティはお察しの通りです。

特に音質は期待できません。ベース音もラインで拾ってないので調整が難しいし、バックの原曲とバランスを取るのが困難。加えてベースの生音(特にフレットノイズ)や生活音も一緒に録音されるので、素人感丸出しの(ていうか素人なんですが)残念な動画ができそうです。

ミスの許されない一発録りの緊張感にも押しつぶされそうなので、できれば避けたい方法です。やはり多少の出費は仕方ないのか…。

 

MTRで音源を録音、動画を当て振りで撮ってがっちゃんこする

  • 手軽さ:★★★
  • コスパ:★★★(既にMTRがある方は★★★★★)
  • クオリティ :★★★

 

f:id:sumichang6bass:20170916205013j:plain

約10年前のBOSSのMTR 個人練習の友

見てくださいこのメカメカしたMTR

DAW主流の現代において、うちのMTRは未だに現役です。 

慣れ親しんだMTRに、カバーしたい曲を録音します。このあたりは普段使っているので問題なし。ついでに原曲もMTRに取り込んでミックスしてしまおう。これで自分の弾いたベースラインと原曲のバランスも取れます。

問題はここから。弾いてみたには「動画」が必要。

音源を先に録ってしまっているので、動画は当て振りになります。何だかちょっと卑怯な気もしますが、この方法で作っている動画が主流のようです。

動画はスマホで撮ってもいいし、手持ちのビデオカメラでもいいでしょう。

がっちゃんこする(音源と動画をくっつける)には、パソコンに両方を取り込む必要があります。このあたりがPCスキルのない僕にとっては億劫な部分。別途動画編集ソフトを使って、音源と動画をシンクロさせて仕上げます。ここでちょっと色気を出して動画に演出を付けるとクオリティアップ間違いなし!(想像)

一番現実的な方法のような気がしてきました。

 

DAWソフトで音源を録音、動画を当て振りで撮ってがっちゃんこする

  • 手軽さ:★★
  • コスパ:★★
  • クオリティ :★★★★★

f:id:sumichang6bass:20170916195956j:plain

MTRの代わりにDAWソフトを使って録音。その後MTR録音のときと同じように当て振りで動画を撮って、くっつけます。

MTRよりも音源のクオリティは上がるでしょうし、できることも多いので導入を検討したいところ。確かに出費はありますが、その後の拡張性を考えるとそこまでコスパの悪い買い物でもない気がする。別途オーディオインターフェースは必要ですが。

心配なのは、

  • うちの低スペックノートパソコンがDAWソフトの使用に耐えられるか。
  • できることが多すぎるために音源完成までの時間が膨大にかかりそう。
  • DAWソフト導入→新しいパソコン欲しくなる→いろんなプラグイン、周辺機器も欲しくなる、という出費のスパイラルに落ちる可能性も秘めている。

凝り性の人が手を出したらマズい領域かもしれない。

 

 

 

④iRigで音源を録音、動画を当て振りで撮ってがっちゃんこする

  • 手軽さ:★★★★
  • コスパ:★★★★
  • クオリティ :未知数(録音のクオリティが分からないため)

 

IK Multimedia iRig 2 ギター/ベース用モバイル・インターフェース【国内正規品】

IK Multimedia iRig 2 ギター/ベース用モバイル・インターフェース【国内正規品】

 
IK Multimedia iRig HD 2 高音質ギター/ベース用インターフェイス【国内正規品】

IK Multimedia iRig HD 2 高音質ギター/ベース用インターフェイス【国内正規品】

 

 

MTRDAWソフトに代わる存在として「iRig」があります。iRigはiPhone用のオーディオインターフェースで、ギターやベースの演奏を直接iPhoneiPadに取り込むことができます。iRig・iRig HD・iRig PROとできることによって何種類か発売されているようですが、一番安価なiRigで約4,000円ほどと出費も最小限。これはいいかも。

結局動画は当て振りになりますが、iMovieなどのAppを使えばすべての行程をiPhone上で完結できるので、パソコンあんまり得意じゃない自分にとっては好都合。第一候補です。

⑤番外編:iTrack Pocket を使う

  • 手軽さ:★★★★★
  • コスパ:★★★
  • クオリティ :未知数(録音のクオリティが分からないため)

 

Focusrite iTrack Pocket / iPhoneレコーディングデバイス

Focusrite iTrack Pocket / iPhoneレコーディングデバイス

 

 

それでもやっぱり録音と撮影を同時にやってしまえたら楽だよなぁ。何かないかな?と検索していると、「iTrack Pocket」なるアイテムがあるらしい。

既に3年も前に発売された商品で、iPhoneをドッキングするだけで動画撮影とライン録音が同時にでき、公式のアプリで動画の編集・YouTubeのアップロードまでできるらしい。いいじゃんこれ!

商品レビューも豊富で、なおかつ大手のオーディオメーカー商品、実売価格が8,000円程度に落ち着いてきているので、買い時かもしれません。実際の使い勝手や録音の音質までは分からないのでクオリティは未知数ですが、「弾いてみた動画」に特化した商品としてはこれ以上のモノはないのではないか、という内容です。

 

おわりに

  • 手軽さ重視・弾いてみた動画専用ならiTrack Pocket
  • 拡張性や汎用性を重視するならiRigDAWソフト

といったところでしょうか。

いずれにしろ、周辺機器・動画編集ソフトの導入を検討します。近いうちに「弾いてみた動画」をアップしたいところですが、是非とも動画撮影のノウハウ、こんな撮り方があるよ!等、コメントいただけると嬉しいです。

そしてもう一つの課題、動画アップロードと著作権の問題については別記事で書くことにします。

 

▼次の記事・動画アップロードと著作権の問題について 

heavy6bass.hateblo.jp

 
heavy6bass.hateblo.jp

CYNIC 宇宙を感じるプログレ アルバム3作レビュー

メタル・ラウド系6弦ベーシスト

轟音ファクトリーのSUMI-chang(すみちゃん)です。

今回は、プログレメタル・ロックバンド"CYNIC(シニック)"のフルアルバム全3作のレビュー。宇宙を感じる超個性派バンドです。

 

はじめに

f:id:sumichang6bass:20170915102335j:plain

シニック(Cynic)は、アメリカ合衆国出身のプログレッシブ・ロック・バンド

1993年のアルバム「フォーカス(Focus)」ではデスメタルとジャズ・フュージョンを高次元的に融合し、テクニカルデスメタル(またはプログレッシブデスメタル)というジャンルの一つの完成形を創り上げた。デスヴォイス(グロウル)の他にもヴォコーダーを使用し、機械音声のようなボーカルが特徴で、宇宙的且つ浮遊感のある独特の世界観を持っている。

シニック - Wikipedia

 

独特な世界観、浮遊感のある音像、他に似たバンドが思いつきません。

ウィキペディアに書かれているとおり、初期はデスメタルにジャズ・フュージョンを融合させたような音楽性。アルバムを重ねるごとにデスメタル→メタル→ロックと 少しずつ進化してきましたが、軸は全くブレていません。

紹介するアルバム順(リリース順)に聴くことをおすすめしますが、どれを1番に手にとってもらっても彼らの魅力は十分に伝わります。

ベーシストなら、Ba.ショーン・マローンのフレットレスベースの響きに耳を奪われること間違いなし。必聴です。

フォーカス- Focus (1993年)

Focus

デビュー作。刻みの多いギターにツーバスを絡めたドラム、デスボイスと、要素だけを書き連ねると確かにデスメタル

彼らをただのデスメタルの範疇に留めておかないのは、ヴォコーダーを使った浮遊感のあるボーカル、フレットレスベースの存在、そしてジャズ・フュージョン的な曲展開にあります。

 

▼百読は一聴にしかず。


Cynic - Veil of Maya

 

僕はリアルタイムで聴いたわけではなくて、初体験は再販のリマスターバージョン。ガッチガチのメタルリフの合間を自由自在に飛び回るフレットレスベースに心を奪われました。

ジャケットのアートワークのように、無機質でありながらどこか宇宙的なものを感じる唯一無二の音。その後のプログレメタルシーンや、メシュガーなどdjentシーンにも多大な影響を与えたとされていますが、日本国内での認知度は低かったようです。現在はメタルのディスクレビュー本に必ずと言っていいほど掲載され、評価されていますね。(当時アルバムはすぐに廃盤。幻の名作と言われていたらしいです。)

 

ベースの聴きどころ

全編通して、もっちりとした独特のトーンが堪能できます。

強いて上げるなら7曲目のインスト"Textures"で目立つベースソロを聴くことができます。

▼2:25~ ベースソロ


Cynic - Textures

 

素晴らしい作品ですが、この1枚を残して解散

2作目が世に出るのは15年も後になります。

 

トレースド・イン・エア- Traced in Air(2008年)

Traced in Air

「CYNICの再結成」と聴いて驚いたのは僕だけではなかったはず。音源に先立って公開されたジャケットのアートワークに「きっと大丈夫。あのCYNICが帰ってくる」という確信が。

2008年にリリースされたセカンドアルバムは、期待通り前作の音楽性を引き継いでいます。デスボイスの占める割合がぐっと減り(ポイントを絞って効果的に使われている)、音作りも非常にクリアで現代的。一般的なメタルリスナーにも受けそうな聴きやすい曲が増えました。ヴォコーダーのメロディーも口ずさみたくなるものばかり。

だからといって決してセルアウトを狙ったアルバムではなく、非常にマニアックで濃密な楽曲が並ぶ。異次元を旅するような、不思議な感覚を味わえます。

 

ベースの聴きどころ

前作同様、全編にわたってフレットレスベースが暴れまくっています。

特に1曲目~4曲目の流れが素晴らしい。2曲目"The Space For This"のイントロでは美しいベースの響きが堪能できます。


Cynic - The Space For This

 

 

カインドリー・ベント・トゥ・フリー・アス- Kindly Bent to Free Us(2014年)

Kindly Bent to Free Us

サードアルバム。このアルバムをリリース後、CYNICは再び解散することになります。

デスメタル→メタルと進化し、ついにこのアルバムではメタル要素すら身を潜めることに。どこからどう聴いてもCYNICであることは間違いないのですが。包み込むような優しささえ感じる不思議な1枚。

2曲目"The Lion's Roar"は「ライオンの咆哮」というタイトルに反して、メジャー調の爽やかな曲。もはやメタルではないかもしれませんが、アルバムでも特に大好きな1曲です。


CYNIC - The Lion's Roar (lyrics video)

 

ベースの聴きどころ

アルバム3作を通して、ベースの音像が最もクリアで聴きやすいです。

2曲目"The Lion's Roar"でメジャースケールを自在に駆け上がったり駆け下りたり、スリリングな演奏を聴くことができます。

f:id:sumichang6bass:20170915211824j:plain

5曲目"Moon Heart Sun Head"は、音源から判断するに恐らくチャップマンスティックを使用しています。タッピングのニュアンスが足されたような不思議なベースラインは超個性的。


Cynic - Moon Heart Sun Head (Official Lyric Video HQ)

 

おわりに

今や「プログレ・メタル」というと珍しくも何ともなく、一般的なジャンルになりました。そんな中でもぶっちぎりの個性をもったバンドがCYNIC(シニック)。

宇宙を感じたい方は是非。

部屋を暗くして、ヘッドホンでゆったり聴くのがおすすめです。

「ジャケ買い」から「サムネ聴き」へ…CDの存在価値について考えてみた

メタル・ラウド系6弦ベーシスト
轟音ファクトリーのSUMI-chang(すみちゃん)です。

今回は、CDの存在価値・これからの音楽メディアについてちょっと真面目に考えてみました。

メタルのコンピレーションアルバム作ろう

f:id:sumichang6bass:20170914220549p:plain

先日うちのバンドリーダーkenjideath(けんじです)と昼飯を食べに行きまして、

メタルバンドばっかりのコンピレーションアルバム作りたいね」って話になりました。
どうやってバンド集めようか?と考えたんですが、音楽的希少種であるメタルバンドの捕獲はなかなか難しい。
しばらく悩んだ結果、最近流行りのといっても結構前。30代の「最近」は5~6年を指す。

クラウドファンディング」を使ってみたらどうかというアイデアが浮かんだんです。

 

camp-fire.jp


内容は

メタルバンドばっかりのアルバム作るよ。支援したい人は一口〇円から!リターンは支援額に応じてあなたのバンドの曲をコンピレーションアルバムに収録、CDにして返すよ!

というもの。
こうすれば、告知もできる+実質の制作費が集まる、さらにはメタル仲間も集まるやん!ぼくたちてんさい!あったまいい!となった訳です。

で、少し冷静になって考えたんです。


「今時の若手バンドは、そもそもCD作りたいと思ってるの?」

 

CDの存在価値

f:id:sumichang6bass:20170914220619j:plain

僕らが十代だったころ

CDをリリースすること=夢・ゴール

でした。地元のオリジナルバンドでCDでも作ろうものなら、ライブのMCでドヤ顔で宣伝(押し売り)できた。めちゃくちゃ攻撃力の高いアイテムだったんですね。

あれから十数年。世は「YouTube ・動画全盛期」。鼻歌歌って動画をアップすれば小・中学生だって「表現者・発信者」になれる時代。そんな時代にわざわざお金出してCD作るかな?と思ってしまったんです。

YouTube に動画を上げるのって、例えるなら

億単位の顧客を持ったデパートに、ノーリスクで自分の商品を置いてもらえる」感覚。

しかも国内のみならず世界規模の市場で。

地元のスタジオに10万払ってレコーディングして、ライブでCDを手売りしていた時代はもうとっくに過去なんだろうな、と30代バンドマン2人は悟ってしまったのです。

僕もCD文化の中を生きてきた1人だし、今もなおCDが支持される土壌はあるはず。ファンアイテムとしてのCD・パッケージを含めた総合的なアート作品としてのCD。どちらもありだと思うんです。

▼こんな記事も書いてます。 

heavy6bass.hateblo.jp

ただ、音楽市場におけるCDの価値が既に大きく変わってしまったんだと今回の件で再認識しました。

 

これからは「サムネ聴き」の時代

f:id:sumichang6bass:20170914220638j:plain

これからの時代「ジャケ買い」から「サムネ聴き」へ。

モニターの隅に映るサムネイルをいかにクリックさせるか。最初の5秒でいかに心を掴むか。どうやって曲を最後まで聴いてもらうか。

純粋に音楽を追求するだけでは誰の耳にも届かない。誰かに届けるためのテクニックも学ばなければ…としみじみ思うのでした。

 

…そんな訳で、僕ら「轟音ファクトリー」の新曲のPVは今後カワイイ女の子のサムネになると思うので、「あざとい野郎だ」と軽蔑しつつ、ポチッとクリックをお願い申し上げます。