重六低音 おもろくべーす

重六低音 おもろくべーす

音楽生活をもっと"おもろく"!ラウド系6弦ベーシストSUMI-chang(すみちゃん)が、誠実にヘビーメタリックに綴ります。

重六低音 おもろくべーす

弾いてみた動画と著作権 YouTubeとニコニコ動画の使い分け

メタル・ラウド系6弦ベーシスト

轟音ファクトリーのSUMI-chang(すみちゃん)です。

 

▼前回の記事

heavy6bass.hateblo.jp

今回は弾いてみた動画と著作権について。

いろいろ調べた結果、

アップすることにしました。どうして別々の動画サイトにアップすることになったのか、理由を説明します。

 

YouTube著作権

f:id:sumichang6bass:20170917212401j:plain

弾いてみた動画でよくあるパターンが、アーティストの原曲(CD音源)に自分の演奏を重ねてアップしてあるもの。僕もこういった形で好きなアーティストのカバーを「弾いてみた動画」としてアップしたかった。

しかし、これは法的にアウトらしい。動画投稿サイトにおける音楽利用についてJASRAC(ジャスラック)のページで確認しました。

 

▼音源利用について書かれたページ(抜粋)

f:id:sumichang6bass:20170917202859j:image

 

  • 自分で演奏したもの(これは当然オーケー)
  • 自分の演奏に合わせて歌唱したもの(バックも自分で演奏してればオーケー)

つまり、アーティストの音源を使用せず、ぜーんぶ自分で演奏してたらいいよ。ということらしい。MIDI(打ち込み)でバッキングトラックを作るのもオーケーなんだって。

 

何がアウトかというと

レコード会社等の許可を受けていないCD音源(市販のCD音源やYouTube上の音源はもちろんアウト。CD音源を切り抜いたり、音質を変えたり、音程を変えたりするのもダメ。)

 

YouTubeにアップされてる「弾いてみた動画」ほとんどアウトやん

f:id:sumichang6bass:20170917220911p:plain

確かにギターやベースは「自分で」弾いているけど、思いっきりCD音源使ってるよね?(中にはアーティストや作曲者から直接許可をもらっている動画や著作権フリー音源もあると思うので、CD音源=著作権侵害ではありません。誤解なさらないように…。)

みなさんのよく知っている「弾いてみた」動画って、アーティストの音源を許可なく使っている場合、グレーどころか完全な。訴えられたり削除されたりしてないだけで、立派な著作権侵害

一応YouTubeには著作権のある楽曲かどうかを自動検知するシステムもあるらしいですが、それをかいくぐった動画に関してはレコード会社・アーティストは黙認しているという解釈でいいのかな?あまりに数が多くて「赤信号みんなで渡れば怖くない」状態ってことですね。

みんなが渡ってるからって、やっぱり赤信号は怖いよなぁ(真面目)。わざわざ打ち込みでMIDIを作るのもめんどくさいし…ということで、YouTubeにはCD音源を使った「弾いてみた」動画はアップしない!

それでもやっぱり、天下のYouTube。どうせアップするならみんな使ってるYouTubeがいいよね。だから、ベースのみの「ソロベース動画」をYouTubeにアップしよう。それがいい。弾けるかどうかは別にして。

 

アーティストの音源を使いたい人はニコニコ動画

f:id:sumichang6bass:20170917220928j:plain

アーティストの音源をバックに弾いてみた動画をアップしたい人は「ニコニコ動画」へ。ややこしい説明は抜きにして結論から言うと、

以下のページで楽曲検索してヒットすれば、そのCD音源を使った動画をアップしてもいいらしい。

license-search.nicovideo.jp

 

さっそくカバーしたかったDREAM THEATERの"Pull Me Under"を検索してみたら、ありました。やったね。

f:id:sumichang6bass:20170917205647j:image

アーティストの音源を使った動画は、ニコニコ動画にアップすることにします。

 

おわりに

調べてみてわかった著作権のこと。中にはかなり詳細に権利について考察してあるサイトもあり、大変勉強になりました。法的な解釈については様々なご意見があると思うので、今回の記事で「間違っている!」と思われる記述がありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。 

アーティストの魂がこもった楽曲を大切にしながら、「弾いてみた」動画制作楽しもうと思います。

heavy6bass.hateblo.jp

heavy6bass.hateblo.jp