重六低音 おもろくべーす

重六低音 おもろくべーす

音楽生活をもっと"おもろく"!ラウド系6弦ベーシストSUMI-chang(すみちゃん)が、誠実にヘビーメタリックに綴ります。

FEELFLIPの7弦ベーシスト イッケさんからエフェクターを頂いた話

メタル・ラウド系6弦ベーシスト

轟音ファクトリーのSUMI-chang(すみちゃん)です。

 

FEELFLIP(ヒールフリップ)というバンドをご存じですか?

www.feelflip.com

 

 

FEELFLIPとは?

f:id:sumichang6bass:20170907224345j:image

公式サイトより


5ピースSkhaotic(SKA+chaotic)PUNKバンド。
FEELFLIPと書いて“ヒールフリップ”と読む。
従来のSKAPUNKのスタイルにこだわらずSKAをより超越したSkhaotic(SKA+chaoticの造語)を掲げ、
重く歪んだギター、7弦ベースにテナー、バリトンサックスなどからなるテクニカルな楽曲は唯一無二の存在である。

 

7弦ベース…ベースの可能性は無限大です。

そんなFEELFLIPの7弦ベーシストの「イッケ」さんから、エフェクターを頂きました。

 

エフェクターをもらった! 

2016年4月に「ベースチャレンジ」と称して行われた、FEELFLIPの曲コピー大会で「一番惜しかった人」として、私SUMI-changが選ばれたからです。

 

▼演奏動画はこちら。

 (SUMI-chang演奏→ikke氏の答え合せとなっています)

 

 

お題として出された曲"Laugh away"は、低音のリフ・スラップ・タッピングなど多くのテクニックを駆使した難曲。

 

▼課題曲だったのはこの曲

 

完コピできたらビンテージのスティングレイをあげますよ!」との事だったので、

完全にやる気に火がつきまして、ガチンコでコピーをした訳です。

 

しかし細かいフレーズやタッピングの部分など及ばない部分も多く、残念ながら完コピには至りませんでした。

 

でもそこは優しいイッケさん(直接の面識なし)

がんばってこぴーしたね」と、サンズサンプをプレゼントしてくださいました。

おまけに課題曲の譜面までつけていただいて、感激です。

 

FEELFLIP7弦ベースの他に、ギターボーカル、テナーとバリトンのサックス、ドラムという変則的な編成で

スカ+カオティック=スカオティック

という新ジャンルで活動されています。

 

うちの轟音ファクトリー

デス+ポップ=デスポップ

で活動させていただいてます。

 

手前味噌で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

 

▼我らがデスポップはこんな感じ

 

最近は新譜のアルバムをまるまるライブレコーディングしてしまうという挑戦的なバンドFEELFLIP

そんなバンドで7弦ベースをかき鳴らしているikkeさん。

勝手に親近感と尊敬の念を抱いております。

 

いただいたエフェクター、メインでガンガン使ってます。ikkeさんありがとう。

 f:id:sumichang6bass:20170907224453j:image